エアーブラシ 壁画 シャッターアート オリジナル看板作品 モルタルアート

お問い合わせ

エアブラシ仕事

BUSINESS

エアブラシ犬

制作理念

Bee Designs.(ビーデザイン)では、サイデイング、コンクリート、クロス、シャッターなどとあらゆる場所に絵を施します。 もちろん大きなも場所でなくてもヘルメットや小物にも塗装します。 またオリジナル看板製作から、ロゴデザイン、キャラクターデザイン、イラストデザインと幅広くやらせていただいています。 絵を施すデザインはお店のファッションであり、そのお店のセンスが問われるポイントである。 わたくしは お客様と共にクールなデザインを考え来店する人が気持ちよく感じていただける空間を作り上げていきたいと思います。

制作現場

現場のシャッターや壁面、車などの写真があれば イメージに合うデザインをパソコンの合成により、 わかりやすくペイントするまでの大事なデザイン画の製作を させていただます。 やってほしいデザインが手元にあるかたももちろん 慎重に配置関係を確認しながら製作させていただきます。 以下のデザインイメージ例を参考にしてご覧ください。

デザインイメージ案

パソコンによる現場写真とデザイン画の合成により出来上がりの感じがわかる。

※小さい画像をクリックすると右側に表示されます。→→

その他イメージデザイン例

 

ペイント制作の流れ

①お問い合わせ → ②デザイン画制作打ち合わせ → ③現場施工ペイント → ④納品
*右図は参考としご覧ください。

ビフォーアフター
ビフォーアフター
高性能樹脂サッシ

Before → After  例

こちらは実際に施工した現場のビフォーアフターの写真画像です。合成ではありません。

 

質感についてークオリティ①

シャッターへのペイントはなかなかシビアな作業になる。 まずは全体のバランスを見ながら描き始めるが、ポイントになるのが目の位置。 シャッターのくぼみにかかり過ぎると、生き生きとした感じや迫力感が損なわれてしまいます。 この場所を最初考えないと後で手の施しようがないのです。 描き始めの位置は最初入念にチェックです。 決まればどんどん進めていきますが、クオリティの差は描き過ぎないことがポイントです。 意味がわからないと思いますが、詳しくは丸秘です。 用は初心者の絵の失敗例を見ると、描き過ぎて修正が聞かないということです。 私の技法はいかにミスなく確実なラインを探し、計算どおりにペイントするかで、エアーブラシ独特のグラデーションの効果をフルに発揮させます。 その美しく仕上がったトーンを修正することは無理といいませんが、相当な技術的、時間的に負担を要することなのです。 いかにうまく描くでなく、いかにミスなく描くが重要になるのです。

エアブラシ質感
エアブラシ質感2

 

質感についてークオリティ②

エアーブラシのすばらしい点は空気に塗料が乗り、見事に細かなくぼみに入り込み綺麗なグラデーションを作りあげると言った点ですね。 よく刷毛でシャッターなどペイントをする人を見るとその質の差は歴然です。 刷毛はどうしてもムラが出来てしまし、その上から描こうととすると下の塗料を引きずってしまったりと大変なことになってしまうわけです。 速乾型の硬化塗料など、ベースの素材や絵の狙いに応じて塗料を変えていくなど、知っておく必要もありますどね。 それと仕上げていくスピードですよね。 刷毛で描くということは大変ご苦労様なことなのです。 現代にはこんなにすばらしい道具があるのですから使わない手はないですよね。 美の巨匠、葛飾北斎や横山大観もこの道具を知っていればきっと一度は手にしていたかと思います。

エアブラシ質感3

 

質感についてークオリティ③

ここまで拡大すれば少なからず荒い感じは出て来てしまいますが、刷毛の表現でここまで描く事はまず難しいですよね。 とりあえずこれがエアーブラシ独特の表現であり、その近くから見てもすばらしいと言ったことを感じていただければと思います。 まあ、確かに職人技であると思う方もいらっしゃるかと思いますが、私の初期の作品でもみたら安心するかと思いますよ。 何でも継続しやり続けることの大切さが後々形となり残っていくかと感じます。 まだまだ勉強の立場ではありますが、 もっとこのエアーブラシアートのすばらしさを必要としてくれる人が出てきてくれることを願い 制作に励みたいと思います。    山下

エアブラシ質感4

PAGE TOP