エアーブラシ+モルタル

描く龍のデザインに基づいて下絵を作成します。この下絵は、龍の輪郭やディテールなどを描きます。質感や厚みを得るためにモルタルを調合します。色素が必要であれば、モルタルに色を入れることでよりリアルで立体感のある表現が可能になります。必要に応じて保護コーティングを施します。これにより、アート作品が長期間にわたって耐久性を保つことができます。